*

ディスポーザーとは?

極めて効率的な、生ごみ処理機です。

w-1ディスポーザーは、高速回転するハンマーやチェーンによって生ごみをすりつぶし、水と一緒にトイレのし尿排水と同様の下水処理されます。1927年にアメリカで開発され、アメリカ国内では一般家電として広く普及しています。生ごみに関わる多くの問題を根本から解決する可能性を持った機械であり、日本国内でも住宅情報誌のアンケートでは、常に人気設備の上位にランクインされています。

家庭内の生ごみ問題が根本的に解決します。

ディスポーザーの利点は、調理のたびに発生する生ごみがその場で処理される為、ごみ収集日まで家庭内に保管をする必要がありません。腐敗に伴う悪臭の発生がなく、ごみ袋の購入やごみ出しの負担も大幅に減ります。行政的にも、ごみ収集場の衛生面や収集・運搬の処分量、水分焼却量の激減などが挙げられます。

生ごみそのものが発生しません。三角コーナーも不要になり、次の対策になります。

・指定回収日、時間に捨てに行く手間
・キッチン内の腐敗臭、悪臭
・ゴキブリ、カラス、ネズミ害
・高齢化社会の負担軽減
・集合住宅共同エレベーター内の朝の悪臭
・積雪の多い地域のごみ出し負担

生ごみを流して、なぜ環境によいといえるの?

直感的に生ごみを流す=環境に悪いという判断ではなく、現在の焼却によるエネルギーと公害(ダイオキシン、CO2発生)大幅に減らせることに着目し、比較をすることが大切です。生ごみはどうしても発生します。それを燃やすか、下水処理するか。どちらが環境により悪影響を与えるかを考える必要があります。

下水処理により、莫大な量のCO2とダイオキシンを一気に減らすことができます。
日本は世界でもトップレベルのゴミ焼却国です。ごみ総量の3-40%が生ごみであり、その大半が水分です。この大量の水分を燃やすのに、必要なエネルギー、温暖化に繋がるCO2の発生、低温度焼却により大量に発生するダイオキシン、生ごみ収集による収集車の排気ガス、これらの悪影響が注目されていません。家庭ごみから水分がなくなれば、自然燃焼に近い状態での高温焼却が可能になります。高温焼却ができればダイオキシンの量も激減します。

下水への影響は無視できる範囲、データが公表されています。

ディスポーザーの反対理由として下水道への負荷懸念があげられています。これに対しては、管轄の国土交通省が4年間に渡り、大規模なディスポーザー導入の下水道負荷テストを実施、影響は極めて小さく、ほとんど無視できる範囲のものであり、2005年にその結果を公表しています。「ディスポーザー導入時の影響判定の考え方」最終取りまとめについて ディスポーザー大国の米国においても導入当初、下水施設の負荷懸案について日本と同様の議論がありました。その後大規模なテストが繰り返し実施し、その上で最後まで慎重だったニューヨーク市も含めて全米で採用されています。(下水道は日本と同じ合流式です)
直感的に生ごみを流す=環境に悪いという判断ではなく、現在の焼却によるエネルギーと公害(ダイオキシン、CO2発生)大幅に減らせることに着目し、比較をすることが大切です。

ディスポーザーって設置してよいの?

ディスポーザーの設置に対し国の法的な規制や罰則はありません。
その利便性から都内を中心に流行し、自由に設置されていたディスポーザー。国の規制は今現在もありませんが、その導入可否の判断は各自治体に委ねられています。結果、エコ製品として積極的に採用する自治体から、反対する自治体まで違いがでてきました。
現在は自治体により、以下4つの対応に分かれています。

・認可 使用してよい。※条件付きの場合もあります。
・自粛 禁止はしていないが、できれば設置しないでほしい。
・禁止 条例で禁止をしているので、設置してはいけない。
・無回答 対応が決まっていない、もしくは公開していない。

※条例として禁止と明示された地域でも集合住宅などで設置可能な場合があります。下記「2種類あるディスポーザー」をご参照ください。

設置をしてよいのか、その確認方法

各市町村のホームページで確認します。サイト内検索欄がありますので、ここに”ディスポーザー”と入力し、関連文書を閲覧します。上記4つのいずれかが確認できます。ここで判断ができなければ、直接各市町村の役所に問い合わせます。条例として禁止の場合は設置ができません。それ以外は法的効力はありませんが、各自治体の規約に従いご判断ください。条例で禁止の地区でも、集合住宅で新築時から設置がされている場合は問題ありません。

直接、市町村に問い合わせる場合の留意点

・窓口担当係員の方にディスポーザーの認識がなく、正確な返答が得られない場合が多くあります。できるだけ文書で確認をしてください。
・市町村で問題がなくても、集合住宅では管理者の判断により設置を認めていない場合があります。設置ご希望のされる前に必ずご確認ください。

設置工事に関して

新旧問わず、ほとんどのキッチンに設置することができます。シンク下が引き出し式でも対応可能です。一部、排水口の形状によっては設置ができないケースもありますので、こちらでご確認ください。<うちのキッチンに取り付けできる?>

2種類あるディスポーザー

国内で販売されているディスポーザーは、大きく分けて2種類あります。欧米式の単体ディスポーザーディスポーザーシステムです。それぞれの違いは以下ご覧ください。

◆単体ディスポーザー ※当店での取り扱い品になります。

w-3

<メリット>
・シンク下に本体を設置する簡単な工事で完結。
・設置後、メンテナンス不要で、ランニングコストがほとんどかからない。

<デメリット>
・自治体によって設置してよい地域と、そうでない地域に分かれる。

経済産業省のもとで家電製品として扱われます。キッチンで砕いてジュース状にしたものをトイレの排泄物と同じく下水または合併処理浄化槽に放流します。キッチンへの設置のみで完了しますので、本格的な排水工事も定期的なメンテナンスも必要ありません。古いキッチン、マンション/個人宅でも簡単に取り付けができます。大変合理的である一方、下水への負担の懸念から条例によって設置を許可していない地域があり、全国的な普及に到っていません。

本体は生ごみ処理によって常に清掃されている状態となり、一度設置したらお手入れやメンテナンスの必要がありません。電気代は毎日の使用でも1ヶ月5円程度。他の生ごみ処理機と違い、ランニングコストが殆どかからないのも大きな魅力です。


◆ディスポーザーシステム

w-2

<メリット>
・浄化槽を通すために下水への負荷が減る。

<デメリット>
・50万円~の設置費用とランニングコストが高額
・定期的なメンテナンスと汚泥の処理が必要。

国土交通省のもとで排水設備品の扱いになります。
ディスポーザー+専用排水配管+専用処理槽の1式でひとつの商品になり、50万~の初期費用+定期的なメンテナンス費用を必要とします。キッチンで砕いてジュース状にした生ごみを、専用配管で屋外に設置した専用処理槽に運び、微生物を利用して浄化します。(専用処理槽は通常の浄化槽と仕組み中身も同じもになります。)⇒日立、ナショナル、他

各自治体はこのディスポーザー排水処理システムを推奨しています。昨今の新築分譲マンションに標準装備されているディスポーザーはこのディスポーザー排水処理システムになります。屋外の専用処理槽で前処理しますので、下水に放流される汚水はコントロールされています。専用処理槽にストックされた汚泥は定期的に引き抜き一般廃棄物、または産業廃棄物として焼却処理されます。

設置が大掛かりで高額であること、屋外に設置する専用処理槽の定期的なメンテナンス費用が発生すること、定期メンテナンスでは年間に10-16万円程度かかる為に戸建には普及しにくい反面、大型分譲マンションでは1世帯辺当たりの負担が比較的に少なくディスポーザーが設置されてないとマンション人気に影響が出る為に標準採用されるケースが多くあります。

ディスポーザー本体を自由に選べることができず、性能面でも処理できる生ごみも限られているのが現状です。

直接のEMAILはこちら:info@good-disposer.com


最終更新日:2014/09/04

家電メーカーが意図的に製品寿命を短くしているという言説は本当か

<2015/3/10 産経新聞より抜粋> 売上を増大させ

秦野市、家庭用ディスポーザー導入へ

秦野市タウンニュースより転記: ------------------

ナイスママ(デンソー生ごみ処理機)の取外し

ナイスママ(デンソー生ごみ処理機)の取り外しと通常の配管復旧作業です。

排水口オプションパーツ

ご注文はお支払い方法(お振込み・クレジットカード・着払い)をご明記の上

ディスポーザーの耐用年数

当店の過去10年にわたる修理対応実績から、概ね以下の使用期間で交換のご

→もっと見る


ご依頼はこちら

PAGE TOP ↑